<< 浄化槽本体設置工事 | main | トイレの神様 >>

勘違いが現実に・・・

バウハウス 給水装置工事主任技術者 掛水です。

 

 

今日は、今年度ラストから3つ目の浄化槽の検査日です。

 

 

この日に間に合わせるために、水まわり器具は先日取り付けていますが、

 

なんせ肝心の水道がまだひかれていません。

 

という事で、検査の1時間以上前から器具から水が流せるように準備しました。

 

 

お隣の水道のホースを借りて、各器具に水を送れるようにしたのですが

 

そのついでに水圧テストも行いました。

 

 

1.8MPa掛かってます。水頭約18m!

 

漏れはないみたいで『ほっ』と一安心。

 

 

肝心の浄化槽の検査は、施主さんがいなかったり

 

変更届を出さなくてはならない箇所があり〜のでバタバタ。

 

とりあえずは終了し

 

本日着工の、下水道グループ助成金工事の現場へ向かいます。

 

 

この現場はイレギュラーな現場ですので、その様子はまたお伝えしますが

 

その現場のご近所に工事着工の挨拶をしている途中に別のお客さんから電話が・・・

 

「掛水さん忘れちゃあせんかえ?」

 

『まさか!メーカーには確認してって指示してますよ!でも今近くに居るのでとりあえず見にいきます』

 

 

というのも、昨日の浄化槽設置工事中のトラブル(ブログ記載なし)発生時に電話があり

 

「門扉に車が当たってひしゃげたき見にきてや」との事。そのお客さんは、

 

3月8日の記事の【外構工事(門扉)】のお客さん。

 

まるで、その記事が正夢ならぬ正ブログ的な展開。

 

そのアコーディオンがこれ

 

 

ぐちゃっといってます。

 

根元の方も、ヒンジの取り付け部分がひしゃげてズレています。

 

とりあえず、その部分を応急処置で引っ張り固定できるようにしています。

 

 

施主さん「どうぜ?」

 

『とりあえず、ヒンジは全部固定出来るようになりました。

 

 後は、どこまで交換せないかんかをメーカーに見てもらい見積もりを送ります。』

 

 

 

で、つぎの現場佐川町の浄化槽補助金工事に向かいます。

 

 

 

到着したのは14時過ぎ。現場での作業中に施主さんが仕事から戻られ、

 

「掛水さん。役場から17日までに工事を終わらせないかんって通知が来たけど大丈夫ですかね?」

 

『えっ!?20日までに実績報告を出せとは聞いちょったけど・・・』

 

見れば、確かに17日までに工事完了と書いてありました。

 

『まっ、大丈夫です!』

 

といいつつ、大丈夫なように現場を進めなくてはなりません。

 

 

 

今週末の天気の崩れが心配な今日このごろです。

 

エクステリア工事 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://blog.jokan.info/trackback/71
Trackback