<< 外構工事(門扉) | main | 今年度最後の浄化槽補助金工事 >>

思い込み?

バウハウス 工務部 掛水です。

 

 

先日完成したトイレリフォームと事務所改装の現場のおまけの作業です。

 

テナントのポストの暗証番号が分からず使えないので、

 

ポストを新しく付けてほしいとの入居者さんの要望に大家さんは了承。

 

まあポストくらいならアンカーでもめば済むことなので軽く考えていました。

 

「では、他の店舗と同じタイプのポストでお願いします」とのこと。

 

『わかりました』と、会社の者にポストを確認して来てもらい写真で確認すると、

 

『ええ〜っ!ポール式やん!しかもゴツイし・・・』

 

予定では作業時間10分だったのが、12倍くらいかかりそうになりました。

 

 

ポールを埋め込まなければならないので、天候の具合もあり作業は本日となりました。

 

 

地中梁があるので、少し大きめにアスファルトをカットしハツリ開始。

 

 

 

するとすぐ水が!!なんと15cm下から水がいます。

 

 

 

『いうたち溜まり水やろ』とそのまま掘り進め、ある程度掘った後水を汲みます。

 

 

 

しかしいくら汲もうがすぐに元の水位に戻ります。

 

こりゃ埒があかん。すぐに水再生事業部の下村に電話

 

『どこをロイロイしゆう?水ポン(水中ポンプ)を借りたいけど』

 

聞けば、高岡で1件点検してから帰るので、ここへ着くのは1時間弱ってところ。

 

しかしどうにも作業が進まないので、近くのホームセンターで3mのホースを買っていると

 

「近くに松岡君が居るきポンプ持って行ってもらうき」

 

との気遣いの電話。

 

ホースを買って帰ると松岡君がちょうどポンプを置いてくれていました。

 

 

 

とりあえず、買ってきたホースで電気を使わず水を抜いてみることに

 

 

サイフォンの原理を利用して自然に水が抜けていきます。

 

本当は初めからやろうと思ったのですが、

 

普段積んでいるホースを別の現場で使っていたのでやめたのですが、

 

せっかく買うてきたし、水ポンをセットするのもめんどかったので、

 

とりあえずこの状態で、水が抜けるのを待つことに。

 

 

普段、一人のときは休憩はしないのですが、待つあいだにコーヒーを。

 

 

それでも、水が抜けるのを待ちきれず掘り進めると

 

基準の深さまで掘れてしまいました。

 

結局、水は引かず〈縦掘り〉の出る間もなく掘削は完了。

(奥に見えるのが、〈縦掘り〉穴掘りショベル)

 

 

せっかくもってきたのに・・・と、その時突風が!

 

 

 

 

『はぁ〜。いよいよ』

 

 

 

ポールの入っていた段ボールとスチロールと土嚢袋が水路に落ちてしまいました。

 

 

でも大丈夫〜

 

 

やっぱり持ってきてよかった!(よい子の皆さんはマネしないように)

 

 

しかし、この水でどうやって固定しょ〜・・・

 

あっ (*'▽')ヒラメイタ!

 

 

ちょうど、3月5日からの下水道工事のコンクリート打設が今日だったので、

 

ミキサー車の余った生コンをもらおう!とすぐに電話。

 

現場がミキサー車の帰り道だったので、バケツに6杯の生コンを流し込みこれで完璧!!

 

 

 

 

エクステリア工事 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://blog.jokan.info/trackback/68
Trackback