<< 下水道水洗化工事2日目 | main | 外構工事(門扉) >>

下水道水洗化工事3日目

バウハウス 排水工事責任技術者 掛水です。

 

 

今日で3日目。

 

昨日立ち上げた取付管に全ての排水を接続します。

 

 

奥から、1階トイレ、トイレ手洗い・土間排水、2階トイレ配管です。

 

一番奥の手前に見える黒い管は水道管です。

 

ちょうど枡の点検口に当たるので引き替えています。

(安心してください。給水装置主任技術者です)

 

そして、洗面・洗濯と流しの配管

 

 

手前のマスから奥のマスまで3850mm。1本もんです。

(ソケットをいれていない)

 

ちょうど真ん中辺りに段差があり、補修の関係でタヌキ掘りをしているので

 

このパイプを切らずに入れる為だけに深く掘ったりして手間がかかりました。

(ソケットがなかったこともありますが、ここまでいけば自己満足の世界(;^_^A)

 

これで全て下水に接続できましたので、昼からは浄化槽の処分工事です。

 

 

 

連日の激務で、昼飯のあと狭い作業車の中で昼寝をしていると

 

12時58分に、昼一番で!と頼んでいた浄化槽の汲取りがきました。

 

 

長年、維持管理と清掃をしてきた浄化槽の最後の作業です。

 

最後だからきれいに汲み取る。という訳ではなく

 

いつも通りピカピカに汲み取ってもらいました。

 

 

これから、浄化槽を壊す訳ですが、トイレにも神様はいます。

 

しかも、「トイレの神様」は強い神様です。

 

 

施主さんにこだわりがない場合や、都合でお祈りできない場合は

 

簡易的ではありますが、トイレの神様さまに感謝の儀式をします。

 

古い設備屋さんなどには、

 

「ちゃんとやっちょってよ!目に来るき!」

 

と言われます。

 

 

地方や、神社などによっても異なりますが

 

塩とお酒で清め、砥石と鎌(刃物)を放り込んで、お祈りをしています。

 

 

それでも、最近老眼が激しく進行してるのはこのせい!?

(浄化槽工事と下水道工事で年間何十件とつぶしているので仕方ない?)

 

ですので、なるべく壊すのは人に頼んでいます(;'∀')

 

 

つぶした後に不明水が入り込んだ場合、水がたまりっぱなしになるので

 

浄化槽の底に穴を開け、水がたまらないようにします。

 

その後、浄化槽の上部を解体し、砂で埋設処分

 

 

この現場は、砂をダンプできないので約3トンの砂をスコップで放りこみました。

 

キツイ!(´Д`;)

 

 

ここで17時を回ったので、助っ人には帰ってもらい道路の清掃作業。

 

舗装も新しいため、水で流すだけでは土汚れが落ちない。

 

 

そこで解決する道具はこれだ!

 

ピコ〜ン ピションションション〜!テッテレテ〜ッテッテ〜

(ドラえもんが道具を出したときの音)

 

 

『一人二役道路清掃機〜!!』

 

その場で棒ずりにホースの固定金具を付けただけです。

 

 

あとこの現場は、コンクリートの補修を残すのみとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

下水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://blog.jokan.info/trackback/66
Trackback