<< 給湯追加工事完結編。 | main | 水道管破裂72件(高知新聞夕刊より) >>

ついに本業登場?

バウハウス 浄化槽設備士 掛水です。

 

今日は久しぶりの本業?浄化槽補助金事業工事です。

 

 

といっても、朝はエクステリア門扉工事の設置場所確認打合せなど

 

あちらこちらに寄り道してからの現地到着。

 

 

設置位置や、埋設深さは工務の井上に任せていたので、この現場には重役出勤です?

 

 

重役ですから、現場に着くなり掘り方の〈若いし〉に

 

『まだそればあかえ!さぼりよったろう?』

 

と、雷・・・ではなく冗談を飛ばし現場の状況を確認。

 

 

高知は昔、河内というだけあって、浄化槽埋設工事の7割は地下水が出ます。

 

 

幸いこの現場は、水は出なかったのでホッと一息。

 

 

 

 

その後順調に掘り進み掘削完了。

 

 

 

 

お施主さんに頼まれ、神様へのお供え物?を浄化槽設置する真ん中に埋めました。

 

 

藁の束を紙でくるんだものでした。

 

単独浄化槽から合併浄化槽への埋け替えや、下水道接続工事のときに

 

便槽や、浄化槽を壊す際には、トイレの神様にお祈りしますが、

 

これから設置する浄化槽に対しては初めてでした。

 

 

家でも新築する時には、御札を埋めますがそのようなもんでしょうか。

 

お家の方により、浄化槽を気にする方もおられれば、全く気にしない方もいます。

 

 

施主さんにも神様にも恥ずかしくないように工事を進めます。

 

 

 

浄化槽補助金工事ですので、行程のたびに写真が必要です。

 

 

上の写真の 〇掘削完了

 

〇砕石敷均し10cm

 

〇砕石転圧状況

 

〇空練りモルタル敷均し状況 ↓

 

 

〇浄化槽搬入・槽確認

 

〇底板据付け状況↓

 

 

〇浄化槽設置状況

 

〇浄化槽埋戻し状況 1/3

 

〇浄化槽埋戻し状況 2/3 ↓

 

 

〇浄化槽埋戻し状況 完了

 

 

というように〇印は全て写真を撮り、

 

浄化槽補助金工事の実績報告で各市町村担当課へ提出しなくてはなりません。

 

高知市の場合は、環境保全課です。

 

 

今日の行程は埋戻し完了までです。

 

 

ブログ記事として、浄化槽補助金工事の場合は、写真には困りませんが、

 

難点はどの現場も同じ写真になってしまうことです。

 

という事は、やっぱり困るのか?

 

 

明日から、生活雑排水の配管設備工事とトイレ室内工事が始まります。

 

 

 

 

浄化槽工事 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://blog.jokan.info/trackback/40
Trackback