<< おもしろネタが写真なしで半減! | main | ショールーム見学【お風呂編】 >>

ショールーム見学してもらいました。

バウハウス 水まわりマイスター掛水です。

 

本日は、LIXILのショールームの案内をしました。

 

 

四国浄管のお客様から、「和式トイレを洋式にしたい」とのご相談があり、

 

昨日、お宅を訪問し現地調査をさせていただきました。

 

 

ドアを開けると小便器と手洗いがあり、その奥に和式の兼用便器がありました。

 

そのスペースは、幅が76cm。奥行が120cm。

 

幅は特に問題ないですが、奥行が少し狭いです。

 

水まわりマイスターは、お客様の要望を聞きますが、それを「そうですか。わかりました」

 

とは、言いません。

 

 

これまで、重ねてきた経験をもとにまず、使い勝手を最優先でご提案します。

 

奥様は膝が痛いので、トイレリフォームをしたいということでした。

 

ですので、立てるときに膝になるべく負担がかからないように、

 

とにかくトイレの前のスペースを重視しました。

 

 

僕も、30年以上トイレのドアに額を擦り付けてきた経験があり

 

前が狭いと立てるときに膝に負担はかかるし

 

太ももプルプルスクワット状態になりますので、

 

とにかく広く!ということで、オススメしたのはこれ

 

 

サティスS「空間ひろびろの世界最小タンクレストイレ」と、足元に書いてあります。

 

非常にコンパクトなので、よくお客様に「小さすぎやせん?」と言われます。

 

そのたびに『大丈夫。まけるようなことはないです』といいます。

 

今回も言われましたが、『これを実家に付けて使ってますよ』というと

 

「なら大丈夫やね」といわれました。

 

 

今のトイレとタイルがピンクなので、ピンクで見積もり依頼をいただきました。

 

さらにグレードは最上級グレードS8!!暖房、音楽付き(*''▽'')スゲー!

 

 

明日の内容は、同じお客様の【ショールーム見学お風呂編】です。

 

 

 

 

ショールーム | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://blog.jokan.info/trackback/37
Trackback