勘違いが現実に・・・

バウハウス 給水装置工事主任技術者 掛水です。

 

 

今日は、今年度ラストから3つ目の浄化槽の検査日です。

 

 

この日に間に合わせるために、水まわり器具は先日取り付けていますが、

 

なんせ肝心の水道がまだひかれていません。

 

という事で、検査の1時間以上前から器具から水が流せるように準備しました。

 

 

お隣の水道のホースを借りて、各器具に水を送れるようにしたのですが

 

そのついでに水圧テストも行いました。

 

 

1.8MPa掛かってます。水頭約18m!

 

漏れはないみたいで『ほっ』と一安心。

 

 

肝心の浄化槽の検査は、施主さんがいなかったり

 

変更届を出さなくてはならない箇所があり〜のでバタバタ。

 

とりあえずは終了し

 

本日着工の、下水道グループ助成金工事の現場へ向かいます。

 

 

この現場はイレギュラーな現場ですので、その様子はまたお伝えしますが

 

その現場のご近所に工事着工の挨拶をしている途中に別のお客さんから電話が・・・

 

「掛水さん忘れちゃあせんかえ?」

 

『まさか!メーカーには確認してって指示してますよ!でも今近くに居るのでとりあえず見にいきます』

 

 

というのも、昨日の浄化槽設置工事中のトラブル(ブログ記載なし)発生時に電話があり

 

「門扉に車が当たってひしゃげたき見にきてや」との事。そのお客さんは、

 

3月8日の記事の【外構工事(門扉)】のお客さん。

 

まるで、その記事が正夢ならぬ正ブログ的な展開。

 

そのアコーディオンがこれ

 

 

ぐちゃっといってます。

 

根元の方も、ヒンジの取り付け部分がひしゃげてズレています。

 

とりあえず、その部分を応急処置で引っ張り固定できるようにしています。

 

 

施主さん「どうぜ?」

 

『とりあえず、ヒンジは全部固定出来るようになりました。

 

 後は、どこまで交換せないかんかをメーカーに見てもらい見積もりを送ります。』

 

 

 

で、つぎの現場佐川町の浄化槽補助金工事に向かいます。

 

 

 

到着したのは14時過ぎ。現場での作業中に施主さんが仕事から戻られ、

 

「掛水さん。役場から17日までに工事を終わらせないかんって通知が来たけど大丈夫ですかね?」

 

『えっ!?20日までに実績報告を出せとは聞いちょったけど・・・』

 

見れば、確かに17日までに工事完了と書いてありました。

 

『まっ、大丈夫です!』

 

といいつつ、大丈夫なように現場を進めなくてはなりません。

 

 

 

今週末の天気の崩れが心配な今日このごろです。

 

エクステリア工事 | comments(0) | trackbacks(0)

思い込み?

バウハウス 工務部 掛水です。

 

 

先日完成したトイレリフォームと事務所改装の現場のおまけの作業です。

 

テナントのポストの暗証番号が分からず使えないので、

 

ポストを新しく付けてほしいとの入居者さんの要望に大家さんは了承。

 

まあポストくらいならアンカーでもめば済むことなので軽く考えていました。

 

「では、他の店舗と同じタイプのポストでお願いします」とのこと。

 

『わかりました』と、会社の者にポストを確認して来てもらい写真で確認すると、

 

『ええ〜っ!ポール式やん!しかもゴツイし・・・』

 

予定では作業時間10分だったのが、12倍くらいかかりそうになりました。

 

 

ポールを埋め込まなければならないので、天候の具合もあり作業は本日となりました。

 

 

地中梁があるので、少し大きめにアスファルトをカットしハツリ開始。

 

 

 

するとすぐ水が!!なんと15cm下から水がいます。

 

 

 

『いうたち溜まり水やろ』とそのまま掘り進め、ある程度掘った後水を汲みます。

 

 

 

しかしいくら汲もうがすぐに元の水位に戻ります。

 

こりゃ埒があかん。すぐに水再生事業部の下村に電話

 

『どこをロイロイしゆう?水ポン(水中ポンプ)を借りたいけど』

 

聞けば、高岡で1件点検してから帰るので、ここへ着くのは1時間弱ってところ。

 

しかしどうにも作業が進まないので、近くのホームセンターで3mのホースを買っていると

 

「近くに松岡君が居るきポンプ持って行ってもらうき」

 

との気遣いの電話。

 

ホースを買って帰ると松岡君がちょうどポンプを置いてくれていました。

 

 

 

とりあえず、買ってきたホースで電気を使わず水を抜いてみることに

 

 

サイフォンの原理を利用して自然に水が抜けていきます。

 

本当は初めからやろうと思ったのですが、

 

普段積んでいるホースを別の現場で使っていたのでやめたのですが、

 

せっかく買うてきたし、水ポンをセットするのもめんどかったので、

 

とりあえずこの状態で、水が抜けるのを待つことに。

 

 

普段、一人のときは休憩はしないのですが、待つあいだにコーヒーを。

 

 

それでも、水が抜けるのを待ちきれず掘り進めると

 

基準の深さまで掘れてしまいました。

 

結局、水は引かず〈縦掘り〉の出る間もなく掘削は完了。

(奥に見えるのが、〈縦掘り〉穴掘りショベル)

 

 

せっかくもってきたのに・・・と、その時突風が!

 

 

 

 

『はぁ〜。いよいよ』

 

 

 

ポールの入っていた段ボールとスチロールと土嚢袋が水路に落ちてしまいました。

 

 

でも大丈夫〜

 

 

やっぱり持ってきてよかった!(よい子の皆さんはマネしないように)

 

 

しかし、この水でどうやって固定しょ〜・・・

 

あっ (*'▽')ヒラメイタ!

 

 

ちょうど、3月5日からの下水道工事のコンクリート打設が今日だったので、

 

ミキサー車の余った生コンをもらおう!とすぐに電話。

 

現場がミキサー車の帰り道だったので、バケツに6杯の生コンを流し込みこれで完璧!!

 

 

 

 

エクステリア工事 | comments(0) | trackbacks(0)

外構工事(門扉)

バウハウス 1級土木施工管理技士 掛水です。

 

 

今日は、雨で現場は特に進展なし。現地調査などでネタがないので少し前の現場の紹介です。

 

施主さんは、以前下水道工事を2件施工させていただいた方で、

 

駐車場の土間コンクリート打設と、アコーディオン門扉の施工もさせていただいた方です。

 

施工前

 

駐車場コンクリート打設状況(2017年2月)

 

アコーディオン門扉取付(2017年2月)

 

その工事からちょうど1年になる先月に電話がありました。

 

 

 

「掛水さん。門扉が壊れてよ〜。早急に直してほしいがよ」

 

『えっ!?壊れた?そりゃいかんですね〜すぐに伺います。どこが壊れました?』

 

「それが、根元からボッキリもげたき、今は紐でくくっちゅう」

 

『ええっ〜!!もげた?柱ですか?アコーディオンですか?』

 

「ん?鉄の重い扉が落ちたの」

 

『ああ〜(ホッ)東の出入り口の門ですか!てっきりこないだのアコーディオンが壊れたと思いよった!』

 

「へっ?ああ〜!あれが壊れるかえ!」

 

と、すっかり勘違いしていました。

 

 

状況を確認し、新規門扉の取り付け工事も見積もりを出し、

 

すぐに「やってや」との返事をもらい工事しました。

 

 

 

工事当日。その日、自分は浄化槽の埋設工事あったので、

 

朝一に施主さんと、職人さんと打合せを行いました。

 

「あとは職人さんに全部任せるき、他に現場があるがやろ?行ってかまんで」と施主さん。

 

そののち職人さんとの打ち合わせで、どこを基準として設置するかが問題になり

 

あーでもない、こーでもないと意見を出し合い、

 

『あとは見た目の判断でどっちかやね』というところまで絞り、

 

施主さんにそのことを説明しました。

 

「なるほど〜。いろいろあるもんやねぇ。全然気づかんかった」

 

『でしょ?僕が居ったきここまで色々考えるがですよ!』

 

と、功績を残し現場を後にしました。

 

工事前の門扉

 

反対側

 

この時、無茶苦茶忙しくなかなか仕上がりを確認に行けませんでした。

 

やっと確認に行けたのは3日後の2月12日

 

思わず『おっ!すごいようなっちゅうやん』と口から言葉がでました。

 

その仕上がりです。

 

 

 

施主さんに声を掛け『すごいようなりましたねぇ』というと

 

「気に入らんところがある」と、ようだいを一言。

 

『前回もそんなこというてましたやん〜』

 

という事で気に入ってもらえたようです!?

エクステリア工事 | comments(0) | trackbacks(0)
1