今度こそ最後の寒波の爪痕

バウハウス 給水装置主任技術者 掛水です。

 

 

もう花粉もだいぶ飛んでいるようですが、

 

いつぞやの大寒波の爪痕がまだ残っていました。

 

2月7日のブログに書いているアパートの銅管破裂修理です。

 

このアパートは、3件漏水修理しました。そのほか、給湯器本体の破裂1件。

 

今回は、大家さんが「忘れちょった」残りの1件です。

 

で、その漏水箇所はココ

 

 

お風呂の給湯配管の壁貫通部です。

 

とりあえず、破裂している銅管を引き抜くことから始めます。

 

 

もちろん引っ張って出てくるようなものではないので、取り出すために周りを壊します。

 

で、出てきた管がこれ

 

 

もうこのブログおなじみの銅管バックり状態です。

 

 

さて、このあとが大変!どうやってハンダ付けしようか・・・

 

とりあえずやってみることに

 

 

『うわっ!やべっ!』網戸が溶け木製の格子も燃えそうです。

 

もちろん漏水ですからこの部屋の水は止まっています。

 

マジで火事になる・・・

 

仕方なく、この状態でハンダ付けしてから手前の竪管とくっつけることに

 

 

すると口が開いている方からハンダが流れてきて、

 

竪管に差し込もうと思っても入らない。

 

 

試行錯誤の末何とか全て溶接しとりあえず通水テストをしてみる。

 

止水栓を開け、2階の現地を確認してみると、

 

ボタボタ水が垂れています。『はぁ〜。無理やったか』

 

と思いその場所を確認してみると、

 

 

さっきと関係のないフレキの口から漏れています。

 

それにしてもこの角度、そりゃ漏れるやろって角度です。

 

さらにもう一か所のフレキもあり得ない角度で、ジャジャ漏れ。

 

2本とも凍結で膨らんでいました。

 

 

 

したが新品のフレキ。上のフレキはジャバラが伸びています。

 

再び通水しやっと漏水がとまりました。

 

 

やっとこの部屋は終わり。

 

 

というのも、ここの大家さんが別の家で取り外した手洗いを

 

「形はどうでもえいき取り付けて」と頼まれています。

 

 

どうでもえいきって言われても、水も排水も洗面器の取り付け下地もない場所に

 

そう簡単には付きません。

 

 

洗面器の下地を打ち込み、給水の穴、排水の穴を開けそれぞれを連れてきます。

 

給水をつなごうと、止水栓を締め、配管を切ります。

 

 

上が新しい管。下がつなぐ場所。

 

止水栓をいくら閉めても水が止まりません。

 

 

 

そんなこんなで、どうでも付けていい手洗器に2時間半掛かったのでした。

 

 

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)

漏水調査

バウハウス 給水装置工事主任技術者 掛水です。

 

 

昨日の予告を変更してお送りいたします。

 

 

まずは、漏水調査。

 

お客さんは以前、浄化槽補助金工事(トイレリフォーム)から始まり

 

キッチンリフォーム、システムバスリフォーム、脱衣所洗面化粧台リフォーム

 

と、大変気に入っていただいているお客さんです。

 

 

今回の漏水も

 

「別の業者を紹介されたけど、どうせお金払うなら掛水さんやってもらおうや」

 

との旦那さんの一言で、奥さんから電話があり伺いました。

 

 

「すみませんね〜忙しいのに〜」と奥さん。

 

『いや全然。そういう時こそ遠慮なく言うて下さいよ〜』

 

とは言ったものの、まず心配になるのは器具の接続部からの漏水です。

 

とりあえずメーターを確認。

 

 

結構な量が漏れているようです。(動画ではありません)

 

 

この家の配管はほぼ分かっていますので、まず外回りで見えるところ確認。

 

それから、家の中に入り、トイレ、キッチン、食洗、洗面、と確認し

 

最後には、システムバスの浴槽のエプロンを外し確認。

 

『よし!大丈夫。やっぱり外ですね』(内心ホッとしました)

 

 

この時点で怪しい箇所は外部の3か所になりました。

 

とりあえず、1か所づつ調査します。

 

1か所目

 

 

『う〜ん。音はするけどこれは・・・』

 

浄化槽のブロワを止めると音はほとんどなくなりました。

 

とりあえず、砂地なので、土中の接続部を確認し終了。

 

 

2ヶ所目。

 

唯一水まわりで配管をつついてない洗濯用水栓の基礎貫通部。

 

 

違う。

 

次は本命の3か所目。年季の入った手作り水栓柱です。

 

 

接続部を掘ってみましたが

 

『う〜ん。違うか。』とりあえず音を音聴棒で聴きます。

 

 

(完全にブログ用写真。タイマーで)

 

何を写したかったかというと、上の写真に写っている金色の丸いものが付いた棒。

 

これは、音聴棒といって水漏れの音を聴く道具です。

 

それを配管にあて、片耳をふさぎ音を聴いているという作業の写真です。

 

 

 

本題に戻り、かすかに他とは違う音が聞こえるけど、ピンときません。

 

とりあえず、メーターの止水栓を止めてもう一度確認。

 

『う〜ん・・・・・わからん!!!」けどあやしい。

 

もう、引替しかないかと考えつつ水道管の経路を考えてみると

 

 

畑に湿っている場所があります。すぐお客さんに確認

 

『この辺に水をまきました?』

 

まいてないという事で、ほぼ確信してそこを掘ってみます。

 

すると、

 

 

出ました!深さ50cmのところに、3か所目の水栓柱に分岐している配管を発見!

 

すぐに配管をし直し見事漏水は止まりました。

 

原因は、分岐の差し込み部分の配管がほぼ抜けていてそこから漏水してました。

 

 

修理後、漏水による水道代金の減免書類を作成し、お客さんに署名をもらい終了。

 

 

 

飯を食う間もなく

 

昨日の予告「高架タンク現場」に向かいます。

 

 

作業は終了していて、現場を確認しその他の部分の配管の説明をし現場を後に。

 

これにてこの現場は終了!!

 

 

 

次の行き先は、漏水作業中に、

 

「排水の水が漏れて、隣の車庫に流れ込んでいるので調べてほしい」

 

との電話があったお家です。

 

 

電話の内容では、ご主人さんが

 

「マスの底が抜けているのでそこから漏れていると思うが見てほしい」

 

『コンクリートのマスですよね?よくあります。たぶんそうだと思います』

 

という事で、モルタルとエレホンを持っていきました。

 

 

到着してマスを確認。

 

『底がないですね。ボッタリ打っときます』

 

と言ってモルタル20kgをほぼ一袋使い固めました。

 

 

 

(作業の途中です)

 

配管との隙間は、エレホンで埋め作業は終了。その後

 

ひょんなことから、排水先の確認をすることになり、放流管へホースを突っ込み水を流します。

 

 

ところが、どこにも流れてきません。不思議に思って補修したマスを見ると

 

流した水がみるみる逆流してくるではありませんか!

 

 

『えっ!どういうこと?』一瞬パニックです。

 

 

色々調べた結果、下水道に接続する工事のときに、

 

勾配がとれていない既存配管に無理やり接続していたようです。

 

今では、ありえませんがマスがどこにもないので経路が全くわかりませんでした。

 

 

とりあえず、接続の確認と配管の汚れを取りたいというのでジェット洗浄をかけました。

 

するとやはり逆流してきます。

 

さすがにここまで水にさらされると、

 

さっき打ったばかりのモルタルは表面にエレホンを塗っているとはいえ

 

水位が下がりました。

 

 

そこで、この際ビニールのマスに換えませんか?との提案にそれがえい!との回答。

 

明日、何とか時間を作り作業する約束をして撤収。

 

 

結局、浄化槽補助金工事は工務の井上に任せっぱなしで

 

キッチンリフォーム現場も行けずじまいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)

高架タンク配管修理工事

バウハウス 工務部 掛水です。

 

 

昨日の予告の高架タンク配管修理です。

 

この部分から漏水とのことで、配管の引き直しをします。

 

 

この配管約50年前のものです。

 

この配管がまともに外れるか、取り出し口が使えない場合どうするのか。

 

悩んだ挙句、結局なるようにしかならない!

 

という事で、当日。

 

タンクの中で配管をあぶりにあぶり、

 

取り出し口がもげないようにしっかり押さえて

 

 

「えいっ!!!う〜ん回らん。」

 

次は外は2人で、

 

「せーのっ!!!!!」グイッ

 

『あ!!!回った!!!』

 

本人もびっくりの配管取り出し成功。

 

これには、長年の経験がある職人さんも「奇跡やね」と一言。

 

 

1週間の悩みから解放され、景色に目をやると

 

神々しい風景が

 

 

少し霞んでいますが、左の下には浦戸大橋が見えます。


そこから南へ雲の切れ目からカーテンのように太陽光が。

 

これは、神も祝福してくれているなどと思ったものです。

 

 

このあと起こる結末を迎えるまでは・・・

 

 

 

 

そんなことはつゆ知らず、ねじを切って配管します。

 

 

後は組むだけで完成。

 

 

その途中で、タンクのドレン配管の亀裂を発見。

 

これも相当腐食していて、奇跡は起こりそうになかったので、

 

とりあえず、補修をしました。

 

 

やっと、タンクへ給水できる状態になりポンプを稼働。

 

しかし一向に水が上がってこない。

 

 

ポンプが壊れているのか、その他のトラブルが起きたのか、

 

とりあえずは、配管の保温を続けていたら、やっと水が上がってきました。

 

「おお〜よかった」と一同安堵の表情を見せた途端、配管から水が噴き出しました。

 

 

見ると、補修した配管の下流に大きな穴が。

 

 

「フランジ付けるとき、あまりに錆がひどいき錆びを落とした」と職人さん

 

 

『そりゃどうもあちこちいっちゅうかもねぇ』

 

 

ここでお昼になり、あとは職人さんに任せて

 

自分は講演を聞きに現場を後にしました。

 

 

 

休憩中に電話してその後の様子を聞くと

 

「全然いかん。フランジのけようとしたら、メインの配管がボッキリいった」

 

との事。

 

結局また後日に出直しとなったのでした(/ω\)

 

 

 

 

 

 

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)

昨日の現場の続き

バウハウス 工務部 掛水です。

 

 

よくお客さんに「営業さんかと思うた」と言われるので、

 

ちゃんと作業をしているところも見せないと!「工務部ですので」

 

それにしても、ちょっと現場がせわしい状況にこの寒波で、作業が追い付かない状況です。

 

 

昨日、途中で撤収した会社事務所の水道管破裂現場です。

 

 

2ヶ所目の漏水箇所はあそこ↑

 

これは、ユニットバスの壁の裏側で、写真上側の壁はトイレの壁です。

 

そのトイレの壁がこちら

 

 

ここを破って修理をします。

 

もちろん目印などはありません。

 

ユニットバスとこの壁とを行ったり来たりして寸法を取りいざ!!

 

 

『ビンゴォ!』

 

あとの補修も考えてタイルの下地のボードは残す予定でしたが、

 

なんせジャジャ漏れだったもんでボードはボロボロに壊れてしましました。

 

 

さらにお客様の要望で、とにかく凍結に強い素材でとのリクエストがあり

 

修繕には架橋ポリエチレン管を選択。

 

 

ですので、この穴では作業が出来ないのでもう一枚タイルを剥がし何とか接続。

 

 

後は、既設の銅管からの変換部分を溶接して、

 

架橋ポリエチレン管の被服の上に保温を巻き

 

銅管部分は被服管に保温し、さらにその上にも保温。

 

 

見た目は、ビルの配管くらい太くなりました。

 

 

壁の中から取り出した配管がこちら

 

 

これもバックりいってます。

 

 

後はタイルの補修をして終了です。

 

 

タイルも結構モデルチェンジをするので、同じ白でも若干色が違います。

 

 

今回の寒波のピークは過ぎたようなので、

 

あとは明日の高架タンクの配管を修理したら、緊急的な工事は落ち着きます。

 

しかし、明日の工事は・・・非常に難しい(かもしれない)

 

材料や資料など色々調べましたが、結局悩んだところでなるようにしかならない!

 

という境地にたどり着きました。

 

 

当たって砕けろ!

 

 

もし砕けてもそれで終わりとはならないですけどね( ;∀;)

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)

水道管破裂72件(高知新聞夕刊より)

バウハウス 給水装置工事主任技術者 掛水です。

 

 

いや〜この寒さ。高知ではないです。

 

今日朝一、昨日の現場ではない浄化槽工事の打ち合わせに行ってました。

 

その後、昨日の現場を確認し、

 

先日凍結による給水管破裂と思われる現場の配管の使用材料などの打ち合わせ。

 

 

それから下水道水洗化工事(グループ助成金工事)の現地調査。

 

 

その調査中に、ある会社の事務所の天井から水が吹いたので見てほしいとの依頼があり急行。

 

 

天井裏で、漏水箇所を調査しているときに、

 

 

「アパートの外で水がジャンジャン漏れゆうき何とかして」と、お付き合いのある大家さん。

 

 

さらに他から「トイレのタンクからチョロチョロとずっと音がしている」との修理依頼。

 

 

 

とりあえず、会社事務所の漏水箇所が分かったので、材料の買い出しに行き、

 

その足でボールタップの件を済まそうとしたのですが、これがなかなか。

 

滅多にないメーカーのボールタップだったので、調整の仕方が分からずてこずり

 

やっと、会社事務所の修理にかかりました。

 

 

怪しい箇所は2ヶ所あったのですが、1か所は壁を破らないとどうしようもないので

 

 

とりあえず天井裏の1か所目。

 

 

ジャジャ漏れです。

 

漏れていた箇所を切ってみると

 

 

バックりいってます。

 

 

とりあえずこの部分を修理しましたが、やはりあと1か所も漏れている様子。

 

 

それがここ。ユニットバス裏と壁との間です。

 

この裏の壁はトイレでタイルを貼っています。

 

 

さすがに、今からこれをすると他の漏水に間に合わないので、

 

事情を説明し、明日修理をするという事でこの現場は撤収。

 

 

アパートの水道管破裂箇所へ向かいます。

 

 

とりあえず、この曲がったところからジャジャ漏れです。

 

ここで、お湯か水かを判断しようと給湯器から配管を追わえたのですが、・・・?

 

『OH!ミステリー!!』

 

水の配管を追ってもなぜかお湯の配管になっています。

 

『?意味わからん』とおもいつつとりあえず、保温を剥がします。

 

答えはこれ

 

 

右の配管は【お湯】用のHT配管。

 

左の上の黒い管は【水】用のHIVP配管。

 

その下は普通【お湯】に使われる銅管。

 

 

だから【水】の配管を指で指しもって配管を追ってきても

 

なぜか【お湯】に替わっているという(思い込み)不思議な感覚でした。

 

 

それで漏水箇所はというと、水道管のHIVP。のエルボ(曲がり)

 

 

見事に破裂しています。パイプも縦にヒビが入ってます。

 

 

補修を完了し、確認していると他のところからもポタポタ。

 

それを直して会社へ帰りつくと、他のお客様から電話が

 

 

「困ったときの掛水さんやと思うて電話した」

 

 

困ったことは「お湯がでない」

 

いくつか電話で確認してもらったけど判断が付かず現場へ直行。

 

さっき帰ってきたすぐ近くだったのに(+o+)

 

 

幸いすぐに直って、給湯器も大丈夫でしたので

 

「よかった〜。お風呂へ入れんかと思った。ありがとう」

 

という事で解決。

 

 

その他にも数件水道管破裂の電話があったのですが、

 

市内の西の方だったので(今日の現場は東の方)

 

他の者に任せました。

 

 

寒さは、今朝がピークのようですが、

 

くれぐれも水道管の保温には気を付けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)

給湯追加工事完結編。

1/19 寒波の余波?

1/25 今日も慌ただしい一日!

 

の記事現場の完結編。

 

バウハウス 水まわりマイスター 掛水です。

 

 

いや〜寒いです!!!

 

 

こんな日は、事務所にこもってたまった見積書を作りたいのですが、

 

日のあるうちはそうもいきません。

 

 

今朝は、今日から本格着工の浄化槽補助金工事の現場に行って打合せをしました。

 

 

今日から、1週間の工事予定です。

 

 

 

打合せ後、今日のメイン、午後からの「給湯追加工事」まで、

 

ぬくぬく事務所で見積書を作ろうと思っていたのですが・・・

 

椅子がぬくもる間もなく「便座が故障しているので見てほしい」との電話が。

 

15分後に出て間に合う時間に訪問予定時間を設定し、見積もりを一つ終わらす予定が、

 

配管調査中の現場から「マンホールがさび付いて開かんけど」と電話がありすぐに出動。

 

マンホールを開け、すぐに便座の現場へ直行。とんぼ返りで事務所に帰り、飯を飲んで

 

「給湯追加工事」の材料の買い出しに行きそのまま現場へ直行。

 

もう、50mで現場という時に、今日付けるシングルレバー混合栓と照明器具を

 

会社に忘れていることに気づき、引き返す。なにをやっているんだか・・・

 

 

作業は、工務の井上と作業を分担し順調に・・・とはなかなかいかないもので、

 

思ったより時間がかかりました。

 

(まだ時間に余裕があったので、ブログを意識し写真を撮っています。)

 

とにかく、いろんな作業が絡みますので道具がどっさり必要です。

 

なるべく散らかさないように種類別に道具を箱に入れ分けているのですが、

 

それでも写真のようにいっぱいになります。

 

 

 

最終段階の洗面据付、給水給湯配管接続作業。まだ専用の道具が出てきます。

 

(この写真、カクダイの営業さんが見たら喜びそう。)

 

一番上の工具は、立てカランの締め付け工具。

 

真ん中は、フレキ加工機。

 

右の赤いのは、フレキの収納バッグ。

 

写ってないけど、フレキを切るカッターもカクダイ。

 

なぜカクダイの工具が多いかと言えば、

 

カクダイの営業さんがうまいのでついつい買ってしまうのです!?

(宣伝しときましたのでサービスしてください(´▽`*))

 

 

本題にもどりまして、工事はちょうど17時に終わり漏れもなく完成しました。

 

 

お施主さん「あ〜ぬくいのでゆう!」と喜んでいただけました。

 

この寒さは、8日頃まで続くらしいので、いっぱい使って下さい!

 

 

 

 

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)

寒波の余波?

バウハウス工務部 掛水です。

 

 

今日は、ご無沙汰していたお客様の家に訪問しました。

 

きっかけは、先週末の1本の電話でした。

 

2年ほど前にトイレ2つと洗面台を購入いただいたお客様からでした。

 

こんなときはまず「なんかあったろうか・・・」

 

と、不安が先によぎります。

 

電話の内容は、あまりにも冷やいので、手洗いからお湯が出るようにできんろうか?とのご相談。

 

それを聞いて、「ホッ」とすると同時に嬉しくなりました。

 

2年ほど前の、調査、見積もり、工事、を含めても3日ほどのお付き合いだけのお客様です。

 

そのお客様が、お湯を出したい!というお困りごとを携帯電話にかけてきてくれたのです。

 

 

時間がとれた今日の午後、今から訪問しますとお客様に伝え、お宅に向かいます。

 

もちろん家も覚えていますので地図はいりません。

 

 

家に着くと後ろ姿が見えたので「ご無沙汰しております!」

 

と、大きな声であいさつをしました。嬉しくて・・・

 

あと耳が遠かったので(;^_^A

 

 

するとすぐに、

 

「ここにお湯が出るようにして、上げ下げする蛇口にして。あとここに洗濯機を置きたい」

 

と、なつかしさに浸ることもなく次々に要望を伝えてくれました。

 

そして4つのしたい事を伝え終わったと同時に、

 

2年前の工事の事を話してくれました。

 

「電話したらすぐきてくれて、他の業者には難しいと言われたことをすぐやってくれてねぇ。」

 

 

玄関に来た時、「そうそうこの鏡がちょこっと見るのに、うんとのうがえい」

 

と、工事のとき急きょ追加で発注いただいた、鏡を喜んでくれていました。

 

 

その話の流れで、「最近うんと玄関の電気が暗い」

 

というので、照明の見積もりもいただきました。

 

 

さて、今日のお題はこの洗面台をシングルレバー混合栓にすることと、ここに洗濯機を置くということ。

 

 

前回、排水がなかったこの場所に洗面を置いたので、選択肢は少ないのですが、

 

なるべくコストを掛けずにご要望を叶えるために、悩みながら見積もりを作ります。

 

 

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)

寒波到来

バウハウス工務部 掛水です。

 

 

昨日は講習。地獄にも感じられた2日間でした。

 

 

試験の結果は2か月後ということですので、

 

その頃にも報告がなければ・・・お察し下さい(;'∀')

 

 

それにしても、今日は冷やかったですね。

 

外には、なかなかの厚さの氷が張っていました。

 

 

それのせいでやっぱりありました、水道管破裂。

 

実際は破裂とまではいってなかったのですが、

 

外の水栓柱が凍り、割れたようです。

 

 

電話があったのは、以前工事をさせていただいたお客様。

 

電話があったのが、15時過ぎ。

 

という事は、その時間まで水道管が凍ったままだったという事です。

 

 

現地に駆け付け処理したのは17時過ぎでした。

 

とりあえず、割れた水栓柱を撤去しキャップをして、

 

家の水を使えるように突貫工事。

 

その撤去した水栓がこれ

 

 

分かりにくい写真ですみません。

 

これは、パイプに水道管を仕込んでコンクリートで固めた

 

手作り水栓柱です。

 

右のところに蛇口がついていたのですが、その管とコンクリートの隙間から

 

水が吹き出ていました。

 

お客様には、市販の水栓柱の設置をご依頼いただきました。

 

 

明日もかなり冷やいみたいです。

 

くれぐれも水道管の凍結にご注意下さい!!

 

 

 

(有)四国浄管は、「高知市指定給水装置工事事業所」 です。

 

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)
1