浄化槽補助金工事も大詰め

バウハウス 浄化槽設備士 掛水です。

 

 

このブログのカテゴリー「浄化槽工事」の1か所目の現場がいよいよ大詰めです。

 

 

 

土曜日にコンクリート打設を行い、

 

今日は、型枠のバラシとマスの高さ調整、清掃をしている工務に井上の横で

 

浄化槽補助金提出用の写真を撮りました。

 

【上部スラブコンクリート完成】

 

あとは、実際の配管距離を測量し変更届を提出します。

 

改造工事で、計画通りに行くことは100%ありません。

 

 

見えない配管を予想して計画するのですから、それが当たり前なのです。

 

 

見積では、そのリスクを取りすぎるととんでもない金額になりますし、

 

適当過ぎてもダメなので、掘ってみて配管経路が見えて、

 

ホッとすることもありますし、ゾッとすることもあります。

 

とりあえず、全ての配管がつながり工事を終えるまでは、

 

いろいろと疲れます。

 

 

 

と、ここで昨日の話題の関係でLIXILショールームのお話です。

 

本日から改装工事に入っていまして、24日までお休みです。

 

本当に、掛水がお客さんからべた褒めだったのかという確認は、

 

3月4日に新装オープンイベントがありますので、その時に!

 

なかなかの特典がありますよ!

 

 

(有)四国浄管ももちろん参加いたしておりますが、各社3組までの特典ということで

 

当社の枠はあと1組となっておりますので、お早めにお申し込み下さい。

 

 

お申し込みは、

 

(有)四国浄管バウハウス 088-884-1321まで。

 

または、水まわりマイスター掛水へ直接でも構いません。

 

知っている人は、携帯に。知らない方は、この看板を見かけたらお声かけ下さい!

 

 

 

 

 

浄化槽工事 | comments(0) | trackbacks(0)

LIXILキッチンアレスタ 佐川ショールーム

バウハウス 水まわりマイスター 掛水です。

 

 

今日はいよいよキッチンリフォーム最終日、引き渡し日です。

 

予定は、13時からの取り扱い説明ですので朝一は別の現場で

 

コンクリート打設作業。

 

 

あとは、工務の井上に任せてキッチンリフォーム現場へ。

 

 

 

 

到着してすぐガスやさんも現れました。

 

まずは、本業の給排水接続工事。

 

 

接続後、通水し給水給湯排水の漏れがないかを確認しこれで完成です。

 

 

 

まずは、リフォーム前のキッチン

 

 

もともとはカウンタータイプでした。

 

 

カウンターを撤去し、奥に見える窓の前にキッチンを移動し据え付けました。

 

 

 

 

では、ご覧ください!

 

 

 

 

なんということでしょう〜!

 

 

 

床も張り替えて明るくなり、施主さん(奥さん)のこだわりの窓がすごくいい!

 

 

キッチンパネルもこの雰囲気にバッチリ合ってます。

 

 

このサッシもLIXILの商品で、リフレム兇箸いΔ發里任后

 

既設の窓の内側にカバーを取り付け交換するので、外壁をつつかず施工できます。

 

断熱性能も言うことなしで、この上げ下げ窓がおしゃれ!

 

操作は、ロックを外せばカパッとこちらに少し倒れます

 

 

この状態なら雨も入りませんし、結構風も入ってきます。

 

そこから、かる〜く持ち上げると

 

 

上へスライドします。

 

施主さんが、「上へ上げる窓って下しか開かないの?」という質問があったときに

 

水まわりマイスターは『そうです。汽車の窓と一緒です』と答えたものでしたが、

 

例えが悪かったです。実物をみて全然別物でした。それくらいいいです!

 

 

こちらは、キッチン前の窓と一緒に換えたリビングの窓です。

 

交換前

 

 

それが、こうなりました。

 

 

上が工事用カメラで撮影、下はiPadで撮影しました。

 

って違うか。

 

雰囲気変わりますね!

 

 

いかんいかん。メインのキッチンに戻します。

 

LIXIL担当者による、取扱い説明です。

 

 

水まわりマイスターは、電気工事をしながら取扱い説明を聞いていたのですが、

 

キッチン水栓の説明が聞こえてきました。

 

「レバーを左に回してカチッと音がしたらここからお湯が混ざります」

 

施主さん〈うんうん〉

 

それを聞いて、『お〜い!その水栓は前のキッチンについちょったやつやき』

 

「えっ?・・・あ!ほんまや〜」

 

すかさず追いツッコミ『TOTOやし!』

 

「いやぁ〜!!こんな水栓あったかな〜?と思ったんですよ〜」

 

施主さん「そう。再使用するようにたんでたんよ。きれいで気づかんかった」

 

 

水栓の取り付け前に、取り付けるより時間をかけて磨きましたき!

 

 

 

 

取扱い説明も終え、帰るときに電気を消したら、

 

施主さんが、「あら、電気を消しても雰囲気えいねぇ〜」

 

というので、カシャ!(iPad)

 

 

 

水まわりマイスターも本当に満足のいく仕上がりで、施主さんも大満足でした。

 

お互いセンスを褒めあいながら

 

「掛水さんに頼んでよかった」

 

と言ってもらい、

 

『いやいや、施主さんが凝ってくれたき、やりがいもあって楽しくできました。

 

また施主さんのセンスがいいき』

 

「いや、掛水さんが」

 

と、またお互いの褒めあいが続き・・・(∩´∀`)∩

 

 

いや、これ本当の話ですよ!

 

LIXILの担当、小川さんが証人です。

 

ぜひショールームにきて、本当かどうか聞いてみてください(・´з`・)

 

 

 

 

キッチンリフォーム | comments(0) | trackbacks(0)

排水マス交換工事

バウハウス 工務部 掛水です。

 

 

昨日の、排水マス工事の続きです。

 

現場には11時過ぎに到着。

 

では、さっそく工事にかかります。

 

 

ハツリでコンクリートとコンクリートのマスを解体し

 

接続する配管を掘出します。

 

が、予想以上の混雑具合。

 

接続する枝管は、給水管に挟まれ、すぐ前には雨水管が通り

 

その下にも給水管が横切っています。

 

 

こんな状況では、用意していた材料では対応できず急きょ材料を調達。

 

あーでもない、こーでもないと継手を組み合わせながら

 

出来た形がこれ

 

 

左の枝管に使ったパイプは5cmだけ。

 

あとは、差し込みの継手をかっつけかっつけです。

 

 

 

ここまでくれば後は補修するだけですが、

 

マスから漏れ続けた排水が水みちを作りだいぶ空洞ができていて土が足りなくなりました。

 

 

砕石を足し、モルタルで補修。

 

 

急いで次の現場へと思ったのですが、

 

「まあ、コーヒーのいっぱいくらい飲んでいきや」

 

という事でごちそうに。

 

高級なマカダミアチョコレイトもおいしかったです。

 

 

修理代金もその場でお支払いただき、いざ次の現場へ!というときに

 

「そのチョコ持っていきなさいや」

 

『ありがとうございます。一応遠慮して残しちょいたがですけど、大好物やき嬉しい』

 

とお礼を言い、向かった先はキッチンリフォーム現場。

 

 

到着したときには、すでに組立は終わっていて、お施主さんがきれいに掃除をしてくれていました。

 

(ありがとうございます)

 

照明を2つ付けあかるくなったキッチンは、すごくいい雰囲気に出来上がっていました。

 

写真を撮りまくったのですが、それがことごとくピンボケ。

 

せっかくすばらしいキッチンができていますので、

 

明日の給排水とガスの接続工事で完成するのでその時に

 

違うカメラを持って行って、いい写真を撮りあらためて紹介します。

 

 

で、帰りに緊急工事要請で

 

「マンションの子メーターから水が漏れゆうので対応してください」との指令。

 

『とりあえず材料屋さんに電話で在庫確認し取りに行ってから現場へ急行。


現状を確認してみると、

 

 

[ピュー]っと水が噴き出しました。

 

こんな状況は初めてです。まあメーターを替えればいいだけの話なので

 

ナットを回そうとすると、なんとナットとメーターがコンクリートの中に埋もれています。

 

 

まさかの事態に、動揺しつつハツリを取出しコンクリを割ります。

 

『これで、管でも割ったら写真(ブログ)どころやない』

 

という事で、慎重に割り無事にメーター交換を終え、帰路につきました。

 

 

皆さんはくれぐれも、

 

メーターのコンクリート埋設はしないようにお願いします(;''∀'')

 

 

 

下水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)

漏水調査

バウハウス 給水装置工事主任技術者 掛水です。

 

 

昨日の予告を変更してお送りいたします。

 

 

まずは、漏水調査。

 

お客さんは以前、浄化槽補助金工事(トイレリフォーム)から始まり

 

キッチンリフォーム、システムバスリフォーム、脱衣所洗面化粧台リフォーム

 

と、大変気に入っていただいているお客さんです。

 

 

今回の漏水も

 

「別の業者を紹介されたけど、どうせお金払うなら掛水さんやってもらおうや」

 

との旦那さんの一言で、奥さんから電話があり伺いました。

 

 

「すみませんね〜忙しいのに〜」と奥さん。

 

『いや全然。そういう時こそ遠慮なく言うて下さいよ〜』

 

とは言ったものの、まず心配になるのは器具の接続部からの漏水です。

 

とりあえずメーターを確認。

 

 

結構な量が漏れているようです。(動画ではありません)

 

 

この家の配管はほぼ分かっていますので、まず外回りで見えるところ確認。

 

それから、家の中に入り、トイレ、キッチン、食洗、洗面、と確認し

 

最後には、システムバスの浴槽のエプロンを外し確認。

 

『よし!大丈夫。やっぱり外ですね』(内心ホッとしました)

 

 

この時点で怪しい箇所は外部の3か所になりました。

 

とりあえず、1か所づつ調査します。

 

1か所目

 

 

『う〜ん。音はするけどこれは・・・』

 

浄化槽のブロワを止めると音はほとんどなくなりました。

 

とりあえず、砂地なので、土中の接続部を確認し終了。

 

 

2ヶ所目。

 

唯一水まわりで配管をつついてない洗濯用水栓の基礎貫通部。

 

 

違う。

 

次は本命の3か所目。年季の入った手作り水栓柱です。

 

 

接続部を掘ってみましたが

 

『う〜ん。違うか。』とりあえず音を音聴棒で聴きます。

 

 

(完全にブログ用写真。タイマーで)

 

何を写したかったかというと、上の写真に写っている金色の丸いものが付いた棒。

 

これは、音聴棒といって水漏れの音を聴く道具です。

 

それを配管にあて、片耳をふさぎ音を聴いているという作業の写真です。

 

 

 

本題に戻り、かすかに他とは違う音が聞こえるけど、ピンときません。

 

とりあえず、メーターの止水栓を止めてもう一度確認。

 

『う〜ん・・・・・わからん!!!」けどあやしい。

 

もう、引替しかないかと考えつつ水道管の経路を考えてみると

 

 

畑に湿っている場所があります。すぐお客さんに確認

 

『この辺に水をまきました?』

 

まいてないという事で、ほぼ確信してそこを掘ってみます。

 

すると、

 

 

出ました!深さ50cmのところに、3か所目の水栓柱に分岐している配管を発見!

 

すぐに配管をし直し見事漏水は止まりました。

 

原因は、分岐の差し込み部分の配管がほぼ抜けていてそこから漏水してました。

 

 

修理後、漏水による水道代金の減免書類を作成し、お客さんに署名をもらい終了。

 

 

 

飯を食う間もなく

 

昨日の予告「高架タンク現場」に向かいます。

 

 

作業は終了していて、現場を確認しその他の部分の配管の説明をし現場を後に。

 

これにてこの現場は終了!!

 

 

 

次の行き先は、漏水作業中に、

 

「排水の水が漏れて、隣の車庫に流れ込んでいるので調べてほしい」

 

との電話があったお家です。

 

 

電話の内容では、ご主人さんが

 

「マスの底が抜けているのでそこから漏れていると思うが見てほしい」

 

『コンクリートのマスですよね?よくあります。たぶんそうだと思います』

 

という事で、モルタルとエレホンを持っていきました。

 

 

到着してマスを確認。

 

『底がないですね。ボッタリ打っときます』

 

と言ってモルタル20kgをほぼ一袋使い固めました。

 

 

 

(作業の途中です)

 

配管との隙間は、エレホンで埋め作業は終了。その後

 

ひょんなことから、排水先の確認をすることになり、放流管へホースを突っ込み水を流します。

 

 

ところが、どこにも流れてきません。不思議に思って補修したマスを見ると

 

流した水がみるみる逆流してくるではありませんか!

 

 

『えっ!どういうこと?』一瞬パニックです。

 

 

色々調べた結果、下水道に接続する工事のときに、

 

勾配がとれていない既存配管に無理やり接続していたようです。

 

今では、ありえませんがマスがどこにもないので経路が全くわかりませんでした。

 

 

とりあえず、接続の確認と配管の汚れを取りたいというのでジェット洗浄をかけました。

 

するとやはり逆流してきます。

 

さすがにここまで水にさらされると、

 

さっき打ったばかりのモルタルは表面にエレホンを塗っているとはいえ

 

水位が下がりました。

 

 

そこで、この際ビニールのマスに換えませんか?との提案にそれがえい!との回答。

 

明日、何とか時間を作り作業する約束をして撤収。

 

 

結局、浄化槽補助金工事は工務の井上に任せっぱなしで

 

キッチンリフォーム現場も行けずじまいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)

昨日の続き

バウハウス 水まわりマイスター 掛水です。

 

 

昨日の続きです。現場へは13時に到着しました。

 

 

床の張替も終わり、壁の工事に入っています。

 

キッチンパネル貼り付け作業

 

 

このキッチンパネル、タイル模様でおしゃれです。

 

 

ワンランクグレードの高い商品ですが、お施主様が凝るので、

 

こちらとしても、楽しいですしきれいに仕上げたいと気合も入ります。

 


今日の作業は、ここまで

 

 

これは、いいものが出来そうです!!

 

 

明日は、これも凝りに凝ったサッシ工事と

 

内装クロス工事の予定です。

 

 

 

 

で、今日の水まわりマイスターの本業はこれ。

 

 

解体したキッチンとカウンターなどの廃棄物撤去です。

 

「これ運ぶの2tダンプ借りんと無理やない?」

 

と、言っていたのですが切り刻み軽トラに余裕でおさめました。

 

 

このあと、浄化槽補助金工事の現地調査へ行き、

 

現在進行中の、浄化槽補助金工事の現場を確認し

 

本日の業務は終了です。

 

 

明日の予定は、

 

「高架タンク最終章」(であってほしい)

 

「浄化槽補助金工事」(そろそろ終盤)

 

「キッチンリフォーム」(サッシで雰囲気激変!?)

 

の3本です。

キッチンリフォーム | comments(0) | trackbacks(0)

雪国のキッチンリフォーム

バウハウス 水まわりマイスター 掛水です。

 

 

今日は、昨日から始まっているキッチンリフォーム現場へ向かいます。

 

 

道路に一部圧雪があり、えらい渋滞でした。

 

 

普段より30分ほど余分に時間がかかり、もうすぐ到着

 

 

それにしても冷やい!

 

 

到着して早速、給排水の仕込みをします。

 

遅れると、大工さんの手を止めるので急いで床下へ

 

 

最近ブログネタとして、写真を撮るくせがついてきたのですが、

 

 

このあとの電気工事をてこずり

 

夕方から他の現場調査へ行く時間がせまってきたので

 

全く写真を撮る余裕をなくしてしましました。

 

 

明日も、この現場に行きますので、心に余裕をもって写真を撮ってきたいと思います。

 

キッチンリフォーム | comments(0) | trackbacks(0)

雨で延期の浄化槽工事

バウハウス 浄化槽設備士 掛水です。

 

いや〜今日はびっくりしました!

 

朝の雪化粧。高知市内の積雪2センチは13年ぶりとのこと。

 

 

朝は、橋がことごとく凍結していて危険きわまりなかったです。

 

 

 

さて、本題の浄化槽工事のほうは水もなく順調に掘りあがり・・・?

 

 

あれ?手前に穴があるのにまだ掘るの?

 

実は2つ埋めるため・・・ではなく、位置が変更になったのです。

 

穴が掘りあがってからの変更(;゚Д゚)

 

 

余裕の作業から一転

 

2人交代で飯を流し込み、お昼の間に2つ目の穴が掘りあがりました。

 

 

しかしこの現場、ここからが問題なのです。

 

 

家の基礎から出た排水の管底と放流先の側溝の底の差が335ミリ。

 

初めの位置の設置高さの許容範囲は、100mmほどありましたが、位置の変更で

 

許容範囲が25mmとなりました。

 

 

基礎を出たところから浄化槽流入まで、約10m。

 

浄化槽の流入と放流差が30mm。

 

浄化槽放流口から、放流先側溝まで約15m。

 

側溝底から30mmに放流管底を設定。

 

設置高さは、1/100勾配で算出し、放流先側溝から+180mmに浄化槽放流口。

 

それに+10mm余裕を見て、

 

放流先側溝底+190から−10mm〜+15mmの間を狙います。

 

 

広ーい穴の中でコンクリートの底板を据えるのならまだしも、

 

ギリギリの範囲の掘削穴でその許容範囲に収めるのは

 

はっきり言って『無理』です。一発では。

 

 

ですので、とりあえず底板を設置してから再測量で確認します。

 

それがなんと一発で『188mm』ブラボー!!

 

 

 

高さバッチリ、水平バッチリの奇跡的な設置で、

 

 

2回掘ったにしては明るいうちに作業が終わりました。

 

 

めでたしめでたし。

 

 

 

 

 

浄化槽工事 | comments(0) | trackbacks(0)

雨で浄化槽工事延期

バウハウス 工務部 掛水です。

 

今日は、浄化槽設置工事の予定でしたが、この雨で月曜に延期。

 

しかし、浄化槽は配達されるので受取しに行ってきました。

 

 

そのあと、浄化槽設置工事の後に予定していた

 

洗面化粧台の取り付けにいきました。

 

 

この洗面化粧台を交換です。ボウルが割れています。

 

さっさと撤去

 

 

洗面台を置いたままクロスの張替してますね。

 

長年溜まった床のほこりをふき取り、

 

古いクロスが見えないように位置を調整し

 

給水、給湯の取り出し穴を開けます。

 

 

 

ジャストミート!

 

後は、止水栓を戻して取り付けるだけが・・・

 

 

 

ホースが届かない!!!

 

 

しかし、心配無用!こんな時のために延長アダプターを・・・

 

って、アダプターにホースの中のでっぱりが入らん。

 

 

という事で、洗面撤去のため軽トラに乗り換えるついでに材料調達をし無事付きました。

 

 

扉の調整をして

 

  

 

これでやっと完成です。

 

 

きれいになりました。

 

 

洗面化粧台 | comments(0) | trackbacks(0)

高架タンク配管修理工事

バウハウス 工務部 掛水です。

 

 

昨日の予告の高架タンク配管修理です。

 

この部分から漏水とのことで、配管の引き直しをします。

 

 

この配管約50年前のものです。

 

この配管がまともに外れるか、取り出し口が使えない場合どうするのか。

 

悩んだ挙句、結局なるようにしかならない!

 

という事で、当日。

 

タンクの中で配管をあぶりにあぶり、

 

取り出し口がもげないようにしっかり押さえて

 

 

「えいっ!!!う〜ん回らん。」

 

次は外は2人で、

 

「せーのっ!!!!!」グイッ

 

『あ!!!回った!!!』

 

本人もびっくりの配管取り出し成功。

 

これには、長年の経験がある職人さんも「奇跡やね」と一言。

 

 

1週間の悩みから解放され、景色に目をやると

 

神々しい風景が

 

 

少し霞んでいますが、左の下には浦戸大橋が見えます。


そこから南へ雲の切れ目からカーテンのように太陽光が。

 

これは、神も祝福してくれているなどと思ったものです。

 

 

このあと起こる結末を迎えるまでは・・・

 

 

 

 

そんなことはつゆ知らず、ねじを切って配管します。

 

 

後は組むだけで完成。

 

 

その途中で、タンクのドレン配管の亀裂を発見。

 

これも相当腐食していて、奇跡は起こりそうになかったので、

 

とりあえず、補修をしました。

 

 

やっと、タンクへ給水できる状態になりポンプを稼働。

 

しかし一向に水が上がってこない。

 

 

ポンプが壊れているのか、その他のトラブルが起きたのか、

 

とりあえずは、配管の保温を続けていたら、やっと水が上がってきました。

 

「おお〜よかった」と一同安堵の表情を見せた途端、配管から水が噴き出しました。

 

 

見ると、補修した配管の下流に大きな穴が。

 

 

「フランジ付けるとき、あまりに錆がひどいき錆びを落とした」と職人さん

 

 

『そりゃどうもあちこちいっちゅうかもねぇ』

 

 

ここでお昼になり、あとは職人さんに任せて

 

自分は講演を聞きに現場を後にしました。

 

 

 

休憩中に電話してその後の様子を聞くと

 

「全然いかん。フランジのけようとしたら、メインの配管がボッキリいった」

 

との事。

 

結局また後日に出直しとなったのでした(/ω\)

 

 

 

 

 

 

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)

昨日の現場の続き

バウハウス 工務部 掛水です。

 

 

よくお客さんに「営業さんかと思うた」と言われるので、

 

ちゃんと作業をしているところも見せないと!「工務部ですので」

 

それにしても、ちょっと現場がせわしい状況にこの寒波で、作業が追い付かない状況です。

 

 

昨日、途中で撤収した会社事務所の水道管破裂現場です。

 

 

2ヶ所目の漏水箇所はあそこ↑

 

これは、ユニットバスの壁の裏側で、写真上側の壁はトイレの壁です。

 

そのトイレの壁がこちら

 

 

ここを破って修理をします。

 

もちろん目印などはありません。

 

ユニットバスとこの壁とを行ったり来たりして寸法を取りいざ!!

 

 

『ビンゴォ!』

 

あとの補修も考えてタイルの下地のボードは残す予定でしたが、

 

なんせジャジャ漏れだったもんでボードはボロボロに壊れてしましました。

 

 

さらにお客様の要望で、とにかく凍結に強い素材でとのリクエストがあり

 

修繕には架橋ポリエチレン管を選択。

 

 

ですので、この穴では作業が出来ないのでもう一枚タイルを剥がし何とか接続。

 

 

後は、既設の銅管からの変換部分を溶接して、

 

架橋ポリエチレン管の被服の上に保温を巻き

 

銅管部分は被服管に保温し、さらにその上にも保温。

 

 

見た目は、ビルの配管くらい太くなりました。

 

 

壁の中から取り出した配管がこちら

 

 

これもバックりいってます。

 

 

後はタイルの補修をして終了です。

 

 

タイルも結構モデルチェンジをするので、同じ白でも若干色が違います。

 

 

今回の寒波のピークは過ぎたようなので、

 

あとは明日の高架タンクの配管を修理したら、緊急的な工事は落ち着きます。

 

しかし、明日の工事は・・・非常に難しい(かもしれない)

 

材料や資料など色々調べましたが、結局悩んだところでなるようにしかならない!

 

という境地にたどり着きました。

 

 

当たって砕けろ!

 

 

もし砕けてもそれで終わりとはならないですけどね( ;∀;)

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)