いよいよ完成!

バウハウス 浄化槽設備士 掛水です。

 

 

今日は、いよいよ浄化槽工事とトイレリフォームの完成日です。

 

 

なかなか日程的に厳しい工事でしたが、

 

皆さんの協力のおかげですばらしいトイレが出来上がりました。

 

そして今日トイレが使えるようになったのは、

 

LIXILの前田課長が、器具の納期を間に合うように手配してくれたおかげです。

 

ありがとう!(@^^)/~

 

 

では、ビフォーアフターをご覧ください。

 

まずは、浄化槽から

 

この車庫の中へ

 

 

このように収まりました。

 

家への通路

 

 

手前の部分は土(芝)だったのですが、配管の保護も兼ねてコンクリートを打ちました。

 

 

 

 

そして、いよいよトイレです。

 

 

 

2日前までこのようなトイレでしたが、

 

 

 

それが、このように生まれ変わりました。

 

 

 

こうやって見比べると、本当に同じトイレ?って思いますよね。

 

 

 

だいたいトイレリフォームで、昔の面影が残るのが窓なのですが

 

もともとサッシの色と、器具の色、そしてそれに合わせた額縁の色のお蔭で

 

全く違和感なくトイレの新築工事が完了いたしました。

 

 

下は、以前の窓です。

 

 

このまま、枠を残していたら相当目立っていたと思います。

 

接着されていた枠を苦労してのけてくれた大工さんのお蔭です。

(細かい注文が多くてすみません(;'∀'))

 

それだけにこの仕上がりには、水まわりマイスターも満足です。

 

もちろん施主さんにも満足いただけたと思います。

 

 

 

来週には浄化槽工事の実績報告を提出し、

 

これにて平成29年度の浄化槽補助金工事は終了となります。

 

 

浄化槽工事 | comments(1) | trackbacks(0)

トイレリフォーム

バウハウス 水まわりマイスター 掛水です。

 

 

今日からいよいよトイレの内装工事が始まります。

 

頼んでいる大工工事以外の、ちょっとしたことを合間合間をみて

 

トイレから出たり入ったり・・・

 

まずは、昨日の残りの手洗い排水管の仕込みしてもらっている間に、

 

土間の砂にセメントを混ぜ込み均します。

 

そして、土台にシロアリ防除剤を散布。

 

 

少し食われていますが、今はいないようです。

 

 

外壁裏の断熱材がないとこのには断熱材を入れて

 

 

 

さらにトイレドアの吊元側にあった照明のスイッチを

 

新規の換気扇のスイッチとともに反対側に移設。

 

 

サッシの額縁の事で大工さんとのやりとり。

 

 

もともと上下しかなかったものを恰好が悪いので、

 

全周お願いし、器具に合わせた色で注文。

 

左側は高基礎の関係で壁がふくことから、サッシ枠との取り合いを考慮し

 

額縁の出幅を指定。

 

「掛水さんこれでえいろうか?」

 

 

『う〜ん。壁との取り合いだとあと1mm出したいね〜』

 

『でも、窓枠を考えたらそれが限界やね!』

 

など、細部にもこだわり内装が出来上がっていきます。

 

 

 

大工さんがお昼のときに、照明の配線切替。

 

それが終わって、弁当を食べている間に大工さんが造作。

 

施主さんが用意してくれたコーヒーを飲んでもらいゆう間に、

 

専用回路増設の停電作業。

 

というように無駄なく作業をし、思ったより早くに大工さんの作業が終わりました。

 

 

後は、トイレと手洗いの給水栓を床に仕込むだけ。

 

水道を止め、いざ!

 

 

『あれ!?入らんやん!34ミリっていうちょったに33.5mmくらいやったろう!』

 

と、穴をあけた大工さんにツッコミをいれもって穴を削ります。

 

『ふ〜。5分の作業が15分かかったやん!』

 

などとワイワイ言いもってでも本日の作業は17時前に終了!

 

 

明日は、コンクリート型枠の脱型。

 

クロス、クッションフロアの内装工事。

 

器具付けで完了予定です(^o^)丿

 

 

 

 

浄化槽工事 | comments(0) | trackbacks(0)

トイレの神様

バウハウス 浄化槽設備士 掛水です。

 

 

締切間近!浄化槽補助金工事(佐川町)の状況です。

 

本日より、トイレの解体、便槽壊しに着手します。

 

 

いつもは、簡易的にトイレの神様にお祈りをして解体していますが、

 

ここのお家は昔から、お祀りごとは神官さんに頼んでいるという事で、

 

最後の便槽汲み取り後、解体前にお祓いをしました。

 

 

お家の方が2人、工事業者は自分を含め4人で参加しました。

 

 

やはり、地域により違いがありここでは便槽に入れるものは、

 

「砥石と手箒」でした。

 

その後、水まわりマイスター自らトイレの解体に着手

 

 

今日一日で、床、壁、天井の解体。トイレと手洗いの給排水の仕込み。

 

そして、シャワートイレ用コンセントと換気扇の電気工事。

 

やることいっぱいです。

 

 

昼も、弁当を5分で食べて作業再開。

 

その疲れからか、間柱沿いにハツったつもりが・・・

 

 

目地があるにもかかわらずこのズレ。やばいです(;'∀')

 

 

しかし施主さんからの差し入れで持ち直し

 

 

最後に残った床まで解体。

 

 

しかし、タイルとモルタルの下の板と根太は朽ちてほぼない状態でした。

 

なんせ根太は全て手でもいでしまったくらいです。

 

最終的にはこのように解体されました。

 

左に残っているタイルは、隣がお風呂で高基礎だったの残しています。

 

 

その後、天井は一部開口で残す予定でしたが結局電気工事ではいでしまいました。

 

 

少し、排水工事と電気工事が残っていますが今日の作業は終了。

 

明日は、大工工事です。

 

浄化槽工事 | comments(0) | trackbacks(0)

勘違いが現実に・・・

バウハウス 給水装置工事主任技術者 掛水です。

 

 

今日は、今年度ラストから3つ目の浄化槽の検査日です。

 

 

この日に間に合わせるために、水まわり器具は先日取り付けていますが、

 

なんせ肝心の水道がまだひかれていません。

 

という事で、検査の1時間以上前から器具から水が流せるように準備しました。

 

 

お隣の水道のホースを借りて、各器具に水を送れるようにしたのですが

 

そのついでに水圧テストも行いました。

 

 

1.8MPa掛かってます。水頭約18m!

 

漏れはないみたいで『ほっ』と一安心。

 

 

肝心の浄化槽の検査は、施主さんがいなかったり

 

変更届を出さなくてはならない箇所があり〜のでバタバタ。

 

とりあえずは終了し

 

本日着工の、下水道グループ助成金工事の現場へ向かいます。

 

 

この現場はイレギュラーな現場ですので、その様子はまたお伝えしますが

 

その現場のご近所に工事着工の挨拶をしている途中に別のお客さんから電話が・・・

 

「掛水さん忘れちゃあせんかえ?」

 

『まさか!メーカーには確認してって指示してますよ!でも今近くに居るのでとりあえず見にいきます』

 

 

というのも、昨日の浄化槽設置工事中のトラブル(ブログ記載なし)発生時に電話があり

 

「門扉に車が当たってひしゃげたき見にきてや」との事。そのお客さんは、

 

3月8日の記事の【外構工事(門扉)】のお客さん。

 

まるで、その記事が正夢ならぬ正ブログ的な展開。

 

そのアコーディオンがこれ

 

 

ぐちゃっといってます。

 

根元の方も、ヒンジの取り付け部分がひしゃげてズレています。

 

とりあえず、その部分を応急処置で引っ張り固定できるようにしています。

 

 

施主さん「どうぜ?」

 

『とりあえず、ヒンジは全部固定出来るようになりました。

 

 後は、どこまで交換せないかんかをメーカーに見てもらい見積もりを送ります。』

 

 

 

で、つぎの現場佐川町の浄化槽補助金工事に向かいます。

 

 

 

到着したのは14時過ぎ。現場での作業中に施主さんが仕事から戻られ、

 

「掛水さん。役場から17日までに工事を終わらせないかんって通知が来たけど大丈夫ですかね?」

 

『えっ!?20日までに実績報告を出せとは聞いちょったけど・・・』

 

見れば、確かに17日までに工事完了と書いてありました。

 

『まっ、大丈夫です!』

 

といいつつ、大丈夫なように現場を進めなくてはなりません。

 

 

 

今週末の天気の崩れが心配な今日このごろです。

 

エクステリア工事 | comments(0) | trackbacks(0)

浄化槽本体設置工事

バウハウス 浄化槽設備士 掛水です。

 

 

土曜日の予告通り、本日浄化槽を埋設します。

 

朝、資材店と他の現場に寄ってから現場に到着。

 

もうすぐ掘りあがりそうです。

 

 

車庫の中に2トンのバックホウ。

 

掘削土の搬出は、全て一輪車です。

 

 

 

その後「砕石敷均し」「空練モルタル敷均し」の工程のときに浄化槽が到着。

 

 

前回、だいぶ待たされた(2月22日記事)ので?

 

四国浄管の担当者自ら配達してくれました。

 

 

率先して、ワイヤーを掛け荷降ろしの誘導

 

 

つくづく四国浄管は、いい担当者や協力業者さんに恵まれていると感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

『ププッ』(´艸`*)『いや失礼』(;´∀`)

 

 

これを見て、本人を知っている人は絶対笑いましたよね(*´з`)

 

 

だって、思いっきり持ち上げてますから!

 

 

でも、このブログを見て本人が「出してくださいよ〜」と言ってくれたので

 

もしかしたら上司も見ているかもしれないので、思いっきり持ち上げておこうと(;'∀')

 

 

それにしても、まるで働き者のようないい写真が撮れたものです。

 

 

 

 

 

その後、無事に浄化槽の据付は終わりました。

 

 

 

 

ブロワの配管をするときに、砂の一粒でも配管に入っているとオリフィスに詰まり

 

浄化槽の管理者に怒られるので(先日指摘された)配管を外して内側から水洗い。

 

 

気を付けてはいるんですけどね〜。ここはバッチリ洗ってます。

 

 

 

とりあえず本日の浄化槽設備士の役目はここまで。

 

 

急いで明日着工の下水道工事の現場打ち合わせに向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

浄化槽工事 | comments(0) | trackbacks(0)

今年度最後の浄化槽補助金工事

バウハウス 浄化槽設備士 掛水です。

 

 

今日は、本年度最後の浄化槽補助金工事着工許可日であり着工日です。

(すごいぞ!佐川町!)

 

しかし、実績報告を20日までに提出しなければなりません。

 

しかも、そんなに簡単な工事でもなく結構ギリギリな感じです。

 

 

とりあえず、着工前の作業の確認を打合せし、施主さんにも説明し

 

納得の上いよいよ工事開始です。

 

 

この車庫の中に浄化槽を設置します。

 

本体設置工事は、来週の月曜日。

 

トイレの内装も全てリフォームしますので、忙しくなりそうです。

 

 

 

その現場の帰りに、昨日のポストを取付完成!

 

 

このポストのポール撤去工事はお断りしたいほど丈夫に立っています( ̄▽ ̄;)

 

浄化槽工事 | comments(0) | trackbacks(0)

思い込み?

バウハウス 工務部 掛水です。

 

 

先日完成したトイレリフォームと事務所改装の現場のおまけの作業です。

 

テナントのポストの暗証番号が分からず使えないので、

 

ポストを新しく付けてほしいとの入居者さんの要望に大家さんは了承。

 

まあポストくらいならアンカーでもめば済むことなので軽く考えていました。

 

「では、他の店舗と同じタイプのポストでお願いします」とのこと。

 

『わかりました』と、会社の者にポストを確認して来てもらい写真で確認すると、

 

『ええ〜っ!ポール式やん!しかもゴツイし・・・』

 

予定では作業時間10分だったのが、12倍くらいかかりそうになりました。

 

 

ポールを埋め込まなければならないので、天候の具合もあり作業は本日となりました。

 

 

地中梁があるので、少し大きめにアスファルトをカットしハツリ開始。

 

 

 

するとすぐ水が!!なんと15cm下から水がいます。

 

 

 

『いうたち溜まり水やろ』とそのまま掘り進め、ある程度掘った後水を汲みます。

 

 

 

しかしいくら汲もうがすぐに元の水位に戻ります。

 

こりゃ埒があかん。すぐに水再生事業部の下村に電話

 

『どこをロイロイしゆう?水ポン(水中ポンプ)を借りたいけど』

 

聞けば、高岡で1件点検してから帰るので、ここへ着くのは1時間弱ってところ。

 

しかしどうにも作業が進まないので、近くのホームセンターで3mのホースを買っていると

 

「近くに松岡君が居るきポンプ持って行ってもらうき」

 

との気遣いの電話。

 

ホースを買って帰ると松岡君がちょうどポンプを置いてくれていました。

 

 

 

とりあえず、買ってきたホースで電気を使わず水を抜いてみることに

 

 

サイフォンの原理を利用して自然に水が抜けていきます。

 

本当は初めからやろうと思ったのですが、

 

普段積んでいるホースを別の現場で使っていたのでやめたのですが、

 

せっかく買うてきたし、水ポンをセットするのもめんどかったので、

 

とりあえずこの状態で、水が抜けるのを待つことに。

 

 

普段、一人のときは休憩はしないのですが、待つあいだにコーヒーを。

 

 

それでも、水が抜けるのを待ちきれず掘り進めると

 

基準の深さまで掘れてしまいました。

 

結局、水は引かず〈縦掘り〉の出る間もなく掘削は完了。

(奥に見えるのが、〈縦掘り〉穴掘りショベル)

 

 

せっかくもってきたのに・・・と、その時突風が!

 

 

 

 

『はぁ〜。いよいよ』

 

 

 

ポールの入っていた段ボールとスチロールと土嚢袋が水路に落ちてしまいました。

 

 

でも大丈夫〜

 

 

やっぱり持ってきてよかった!(よい子の皆さんはマネしないように)

 

 

しかし、この水でどうやって固定しょ〜・・・

 

あっ (*'▽')ヒラメイタ!

 

 

ちょうど、3月5日からの下水道工事のコンクリート打設が今日だったので、

 

ミキサー車の余った生コンをもらおう!とすぐに電話。

 

現場がミキサー車の帰り道だったので、バケツに6杯の生コンを流し込みこれで完璧!!

 

 

 

 

エクステリア工事 | comments(0) | trackbacks(0)

外構工事(門扉)

バウハウス 1級土木施工管理技士 掛水です。

 

 

今日は、雨で現場は特に進展なし。現地調査などでネタがないので少し前の現場の紹介です。

 

施主さんは、以前下水道工事を2件施工させていただいた方で、

 

駐車場の土間コンクリート打設と、アコーディオン門扉の施工もさせていただいた方です。

 

施工前

 

駐車場コンクリート打設状況(2017年2月)

 

アコーディオン門扉取付(2017年2月)

 

その工事からちょうど1年になる先月に電話がありました。

 

 

 

「掛水さん。門扉が壊れてよ〜。早急に直してほしいがよ」

 

『えっ!?壊れた?そりゃいかんですね〜すぐに伺います。どこが壊れました?』

 

「それが、根元からボッキリもげたき、今は紐でくくっちゅう」

 

『ええっ〜!!もげた?柱ですか?アコーディオンですか?』

 

「ん?鉄の重い扉が落ちたの」

 

『ああ〜(ホッ)東の出入り口の門ですか!てっきりこないだのアコーディオンが壊れたと思いよった!』

 

「へっ?ああ〜!あれが壊れるかえ!」

 

と、すっかり勘違いしていました。

 

 

状況を確認し、新規門扉の取り付け工事も見積もりを出し、

 

すぐに「やってや」との返事をもらい工事しました。

 

 

 

工事当日。その日、自分は浄化槽の埋設工事あったので、

 

朝一に施主さんと、職人さんと打合せを行いました。

 

「あとは職人さんに全部任せるき、他に現場があるがやろ?行ってかまんで」と施主さん。

 

そののち職人さんとの打ち合わせで、どこを基準として設置するかが問題になり

 

あーでもない、こーでもないと意見を出し合い、

 

『あとは見た目の判断でどっちかやね』というところまで絞り、

 

施主さんにそのことを説明しました。

 

「なるほど〜。いろいろあるもんやねぇ。全然気づかんかった」

 

『でしょ?僕が居ったきここまで色々考えるがですよ!』

 

と、功績を残し現場を後にしました。

 

工事前の門扉

 

反対側

 

この時、無茶苦茶忙しくなかなか仕上がりを確認に行けませんでした。

 

やっと確認に行けたのは3日後の2月12日

 

思わず『おっ!すごいようなっちゅうやん』と口から言葉がでました。

 

その仕上がりです。

 

 

 

施主さんに声を掛け『すごいようなりましたねぇ』というと

 

「気に入らんところがある」と、ようだいを一言。

 

『前回もそんなこというてましたやん〜』

 

という事で気に入ってもらえたようです!?

エクステリア工事 | comments(0) | trackbacks(0)

下水道水洗化工事3日目

バウハウス 排水工事責任技術者 掛水です。

 

 

今日で3日目。

 

昨日立ち上げた取付管に全ての排水を接続します。

 

 

奥から、1階トイレ、トイレ手洗い・土間排水、2階トイレ配管です。

 

一番奥の手前に見える黒い管は水道管です。

 

ちょうど枡の点検口に当たるので引き替えています。

(安心してください。給水装置主任技術者です)

 

そして、洗面・洗濯と流しの配管

 

 

手前のマスから奥のマスまで3850mm。1本もんです。

(ソケットをいれていない)

 

ちょうど真ん中辺りに段差があり、補修の関係でタヌキ掘りをしているので

 

このパイプを切らずに入れる為だけに深く掘ったりして手間がかかりました。

(ソケットがなかったこともありますが、ここまでいけば自己満足の世界(;^_^A)

 

これで全て下水に接続できましたので、昼からは浄化槽の処分工事です。

 

 

 

連日の激務で、昼飯のあと狭い作業車の中で昼寝をしていると

 

12時58分に、昼一番で!と頼んでいた浄化槽の汲取りがきました。

 

 

長年、維持管理と清掃をしてきた浄化槽の最後の作業です。

 

最後だからきれいに汲み取る。という訳ではなく

 

いつも通りピカピカに汲み取ってもらいました。

 

 

これから、浄化槽を壊す訳ですが、トイレにも神様はいます。

 

しかも、「トイレの神様」は強い神様です。

 

 

施主さんにこだわりがない場合や、都合でお祈りできない場合は

 

簡易的ではありますが、トイレの神様さまに感謝の儀式をします。

 

古い設備屋さんなどには、

 

「ちゃんとやっちょってよ!目に来るき!」

 

と言われます。

 

 

地方や、神社などによっても異なりますが

 

塩とお酒で清め、砥石と鎌(刃物)を放り込んで、お祈りをしています。

 

 

それでも、最近老眼が激しく進行してるのはこのせい!?

(浄化槽工事と下水道工事で年間何十件とつぶしているので仕方ない?)

 

ですので、なるべく壊すのは人に頼んでいます(;'∀')

 

 

つぶした後に不明水が入り込んだ場合、水がたまりっぱなしになるので

 

浄化槽の底に穴を開け、水がたまらないようにします。

 

その後、浄化槽の上部を解体し、砂で埋設処分

 

 

この現場は、砂をダンプできないので約3トンの砂をスコップで放りこみました。

 

キツイ!(´Д`;)

 

 

ここで17時を回ったので、助っ人には帰ってもらい道路の清掃作業。

 

舗装も新しいため、水で流すだけでは土汚れが落ちない。

 

 

そこで解決する道具はこれだ!

 

ピコ〜ン ピションションション〜!テッテレテ〜ッテッテ〜

(ドラえもんが道具を出したときの音)

 

 

『一人二役道路清掃機〜!!』

 

その場で棒ずりにホースの固定金具を付けただけです。

 

 

あとこの現場は、コンクリートの補修を残すのみとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

下水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)

下水道水洗化工事2日目

バウハウス 排水工事責任技術者 掛水です。

 

 

昨日の続きです。今日は助っ人が2人いますので作業がはかどる予定です。

 

とりあえず、昨日ブレーカで壊したコンクリートをダンプに積込と

 

細かいところのハツリをしてもらっている間に、配管の為の掘削をします。

 

ほどなく、ハツリの先が何かを突き抜けそのまま前のめりにコケそうになりました。

 

何か壊したろうか?と思い周辺を壊すと穴が口を開けました。

 

 

『なんかお宝でもあるろうか!?』

 

口をさらに広げてみます。

 

 

どうも、昔の便槽やね。

 

このまま空洞では心地よくないので、しっかりと埋戻しときました。

 

 

さらに下へ配管経路を掘り進んでいると

 

「プシャー!!」と突然水が噴き出し慌てて止水栓を閉めます。

 

見ると昨日直したところの手前の古い管の継手が抜けたのでした

 

 

結局この配管自体は排水管にまぎるので引き直ししました。

 

これで一安心。

 

 

そろそろ頼んでいた、下水道本管への取り付け管が掘りあがりそうです。

 

 

これは深い。普通は80cmほどに入っているのですが、ここは1mを超えています。

 

しかも、取り付け管の上まで水が湧き出てきます。

 

ここからは、排水工事責任技術者が責任をもって施工。

 

 

わかります?さっきの穴のお宝を探っている訳ではありません。

 

取付管がある穴の中へ上半身を突っ込み、水と周囲の土砂を汲取っているところです。

 

(助っ人にこの状況の写真を撮ってくれとは恥ずかしくて言えなかったのでタイマーセットしました)

 

 

背筋を鍛えながら何とか掘りあげ、

 

無事に取付管を立ちあげたらさっさと埋戻し。

 

苦労して掘ったのに・・・

 

 

明日に排水管の配管と浄化槽解体埋設を一気にする予定ですので、

 

養生、清掃をして、今日はおしまい!

 

 

 

下水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)